SFC2016 2つの☆星好きの日記

関空ヨーロッパアンバサダー、2016ANA-PLA・JAL-SAP、☆星を見るのと☆スターアライアンスANA2つの☆星好きな日記

ANA R2-D2 JET 引き返しにまつわる件について思うこと

2015/10/20 羽田発ミュンヘン行NH217便が急病人発生のため羽田に引き換えしとなり、R2-D2 JETである787-9型機の10/22国内線に投入予定が機材繰りがつかずキャンセルとなりました。これに対してSNS上では様々な意見がありました。

飛行機が飛び立ってから引き返すことをエアターンバックATBというそうです

飛び立つ前ではグラントターンバックGTBというそうです

これらが起こったらどうなるのでしょうか?以下のブログを見つけました

plaza.rakuten.co.jp

これを見る限りでは引き返しには非常に多くの労力と費用が掛かることがわかります

体調が悪いのが事前わかっているときには地上係員に搭乗前に相談すれば色々手を打てることを知りました。さらに「格安のチケットでも、病気の場合はちゃんとお医者の診断書があれば出発日の変更は出来る」とまで書いてありますね(本当かどうかは各自ご確認下さい)

心筋梗塞やロングフライト血栓症などの突然死もありますが今回思ったのは

無理をせず体調不良時の事前申告とロングフライト血栓症予防で機内の予防策は重要

ということです

ロングフライト血栓症(7つの予防策)

 

残念ながら今回の方はお亡くなりになっているようです

被爆者合唱団員死亡 ローマ法王への歌の披露中止に NHKニュース (Y!キャッシュ)

団員急死でローマ法王との謁見中止 - 産経ニュース

ロシア上空に到達し

JA839A - Aircraft info and flight history - Flightradar24

引き返していますから、急病だけで間に合うのか近くの空港はなかったかということも思いましたが、時間をかけ羽田まで引き返すということはそれ相応の理由があったということがわかります

今回はR2-D2 JETという特別な機体が引き返しによる機材繰りで国内運用が変更中止となり注目となったことと、お亡くなりになられた方がニュース報道されたということで非常に珍しいケースだったと思います、多分こういうことは他にもあってもそこまで報道も注目もされずに普段気づかない事例だと思いますが、やはりこういった事例から搭乗する私たちも何かを学びたいものです

最後にお亡くなりになられた方・ご遺族の方にご冥福をお祈りいたします

【スポンサーリンク】