世界のディズニーへ特典旅行で 2つの☆星好きの日記

世界のディズニーリゾートを特典航空券などで巡るブログ、東京・パリ・香港に行きました☆星を見るのと☆スターアライアンスANA2つの☆星好きなブログ☆ 2016ANA-SFC・JAL-JGC、

<1809-5>ようやくパリに向けて出発 ヨーロッパ20か国旅ラストとディズニーランドパリ25周年ファイナル

昨日は早く寝たせいか寝起きもスムーズでした、今日は8時の電車に乗るために7時に起きて準備ををします。外を見るとまだ薄暗いですが徐々に夜が明けてきているようです、TVをつけてスペイン公共放送 の朝のニュースを見ていると衝撃的な映像が。そうこの時台風21号が関西を直撃しておりこちらの公共放送の朝のニュースでも関空の被害などの映像が最初のほうのニュースで流れており、まさかスペインまで来て日本の現状を目にすることになるとは思いもよりませんでした(今回日本の帰国には関空を利用していなかったため直接的な影響はありませんでしたが)。30分くらいで準備してチェックアウトはカードをBOX入れるだけのエクスプレスチェックアウトをして夜が明けきってないすがすがしい空気の中マラガの駅に向けて歩いて出発です。

f:id:starandair:20181205012217j:plain f:id:starandair:20181205012224j:plain

f:id:starandair:20181205012231j:plain

マラガの駅(Malaga Malia Zambrano)へは途中横断歩道の信号待ちなどを含めて歩いて15分ほどの道のりで到着しました、ここは長距離用の駅のため朝の8時前という時間帯にもかかわらず駅はがらんとしていました。AVEと呼ばれる高速列車に乗車するためにはX線による手荷検査がありますがそれほど混んではいませんでした。またホームに入る手前にブースがあり出発列車に対する有効なチケットなどを提示して入ることになります。今回は紙で印刷して提示しましたが、前の人などはスマートフォンのデジタル画面表示を提示していたようです。

f:id:starandair:20181205012253j:plain f:id:starandair:20181205012304j:plain

f:id:starandair:20181205012313j:plain f:id:starandair:20181205012323j:plain

ホームに入り目的の自分の乗る号車を目指します。T(turista)はいわゆる2等車両になります。左上にWIFIのマークがありますが事前にアプリをダウンロードして有料で利用するタイプでしたので利用しませんでした。荷物置き場は発車近かったためが空いておらず細いほうに入れてることができましたが、そうでなければ座席上を利用することになるため苦労することなると思うので早めの乗車が世やそうです。座席は固定されているようでしたが今回はたまたま進行方向の座席でした。ようやく日が昇ってきたのですがそれほどまぶしくないなと思っていたらどうやら遮光フィルムが貼ってあるようでカーテンはなし、近くのカフェテリア車両に行くと窓からはまぶしいぐらいの外は明るい車窓でその違いにびっくりしました。時速300キロほどですが線路が専用の高速線でまっすぐなためか非常に揺れも少なく快適でした、なおコンセントは各座席にあります。

f:id:starandair:20181205012535j:plain f:id:starandair:20181205012540j:plain

f:id:starandair:20181205012604j:plain f:id:starandair:20181205012618j:plain

そうこうしているうちに順調に10:45前にマドリット駅(Madrid Puerta de Atocha)に到着しました。降りて進んでいくとマドリッド空港ターミナル4行きの乗り換え口があり次の発車時刻と券売機と乗り換え改札(列車まではここから8分との表示)がありました。これは非常にわかりやすくて便利だと思いました。今回は電車と飛行機のコンビネーションチケットでここから空港までの切符も含まれているということでしたが、その切符は鉄道AVAでチェックインした際に印刷しておいた紙の切符の右上にあるバーコードをマドリッド駅の券売機で読み込ませるということでした。具体的は画面左上のcombinadoボタンを押すとバーコードを読み込み指示が出るので紙のバーコード部分を券売機右上ののバーコードリーダー部分にかざすと切符が出てきました。今回はマドリッド駅前を探索するのでここの乗り換え口は使わずに切符だけゲットしてそのまま出口に向かいます

f:id:starandair:20181205012745j:plain f:id:starandair:20181205012751j:plain

f:id:starandair:20181205012756j:plain 

マドリッドはよく晴れていてすがすがしい天気になりました、わざわざ朝早くの列車にして乗り換え時間を取ってまでマドリッドに来たのには理由があります。そう、マドリッド駅前にあるソフィア王妃芸術センターにある絵画ピカソゲルニカを見るためです。この超有名な作品はピカソ先の大戦での侵攻からすぐに作り上げたということで昔からどんなものだろうと以前から興味がありました。ここは駅前にありますので行きやすくこれはまさにここに行きなさいとの啓示なのかもしれません。入場料は10ユーロでかなり広くいろいろと見て回りたかったのですが1時間くらいしか取れずに最後にゲルニカを見ることにしました。一番大きなその中央の展示室にそれはありました、まずこれほど大きな作品であるということとは思っていませんでした、そしてモノトーンでありながら非常に多彩な意味を読み取るのに非常に時間がかかりました、しばし立ち尽くしてしまいその場を動けずピカソの意図を読み取ろうとそれを見つめていました、なおこちらの展示のみ写真撮影が禁止です。その他に目のメトロノームとかが非常に印象的でした、最後に駆け足でミュージアムショップへ、ゲルニカの日本語解説版があり購入しました。

f:id:starandair:20181205012835j:plain f:id:starandair:20181205012844j:plain f:id:starandair:20181205012850j:plain

さて空港に向かう時間です、ソフィア王妃芸術センターは本当にマドリッド駅の目の前なので非常に安心でしたが今度利用する空港行きの駅(AtochaCercanias)はまたその奥にあるため延々と駅構内を歩いてようやく目的の駅に到着するまで10分ほどかかりました。1番ホーム(Via1)から空港行きは発着しているようで、ホームへの看板にも飛行機マークがあるのでわかりやすかったです。ちょうど次の列車が空港行きのようで来た電車に乗りマドリッド空港へ。途中何かのメッセージみんなの足などに置いていく謎の集団が2回も遭遇しそのまま誰も他は気に留めないようだったので無視していたら何も言わず回収していました。ちなみに改札を出る際には切符は回収されずそのまま返却されました

f:id:starandair:20181205013146j:plain f:id:starandair:20181205013207j:plain

マドリッド空港ターミナル4駅に到着しチェックインカウンターに行きます、ここはイベリア航空のメインターミナルなのでどこを向いても広いチェックインカウンターはイベリア航空でそれほど混んでおらずにサクッと搭乗券をもらいます。FAST TRACKを利用して制限区域へ、楽しみにしていたイベリア航空ラウンジにン向かうものの途中で行き止まりでカウンターがあり搭乗券を見せるとなんとミールクーポンが。そう、この時期改装工事中で入ることができなかったのです、このためにいろいろ考えてた予定が総崩れ。しかたないためクーポンを利用できそうなところで比較するためあちこちまわるもあまりよくわからないため、とあるサンドイッチとかいろいろある店で交換しようとするものの、サンドイッチと飲み物たけと言われてしまいがっかりしながら搭乗することに

f:id:starandair:20181205013345j:plain f:id:starandair:20181205013353j:plain

f:id:starandair:20181205013406j:plain f:id:starandair:20181205013414j:plain

パリへはイベリア航空A319にての旅、今回は定刻の出発でしたが乗ってからこの便はミール・ドリンクが水を除いてすべて有料ということに気づきラウンジできちっと食べれればとさらにしょんぼり。さすがイベリア航空の本拠地イベリア航空の機体ばかりです。2時間くらいの空の旅で16:30ごろにパリオルリー空港に到着して降機、ディズニーパリ行きのマジカルシャトルの看板を見つけるものの今回はパリ市内に用事があるためオルリーバスにてパリ市内へと向かいます。しかしバス停についた時点ではあと10分表示だったのに待てども来ず結局30分くらい待つ事に、間隔があいたためかバス停ではほかの交通機関にあきらめる人もいる中どんどん増えていきバスは満員電車状態。しかもダンフェールロシュローでバスを降りると後ろに次のバスが続いていたというオチ

f:id:starandair:20181205013428j:plain f:id:starandair:20181205013440j:plain

f:id:starandair:20181205013453j:plain f:id:starandair:20181205013506j:plain

RERを乗り継ぎやってきたのはAuber(オペラ座近く)駅にFragnardという香水のお店。日本には店舗はなくフランスとイタリアミラノにあり以前一度買ってから使い続けているというブランドです。この店には香水博物館が併設されておりかなり大きな店になっているのですが今回は購入のみなので今まで使ってきたコロンの追加などをサクッと購入し、また駅に戻りRER1本でディズニーランドパリ方面電車に乗ります。行き方は簡単ミッキーマークの表示のある電車に乗ればディズニーランドパリに行くことができます。今回はトルシー(Torcy)駅最寄りの宿に寄り荷物を降ろして少し休憩してパークに向かいます。今回の宿はPremiere Classe Marne la Vallée – Torcyというどちらかというと車利用を想定しているホテルで1泊5000円税込みと安かったものの駅からは15分近く歩かなければならず遠かったです

f:id:starandair:20181205013711j:plain f:id:starandair:20181205013717j:plain

f:id:starandair:20181205013720j:plain f:id:starandair:20181205013728j:plain

 

ホテルを出てトルシー駅に向かうとディズニーランドパリ帰りらしき人たちとすれ違います、久しぶりパリで懐かしいと同時にワクワクしますが今日は入場しないためビレッジを散策します。新しいサービスで自分で好きなアイテムに自分の思い通りのワッペンやら文字入れができるサービスを見たり(タブレット端末で自分で操作して作って注文します)やショップを巡りホテルへ戻って本日は終了しました。

f:id:starandair:20181205014025j:plain f:id:starandair:20181205014029j:plain

f:id:starandair:20181205014032j:plain f:id:starandair:20181205014038j:plain

【スポンサーリンク】