世界のディズニーへ特典旅行で 2つの☆星好きの日記

世界のディズニーリゾートを特典航空券などで巡るブログ、東京・パリ・香港に行きました☆星を見るのと☆スターアライアンスANA2つの☆星好きなブログ☆ 2016ANA-SFC・JAL-JGC、

<1809-2>ルクセンブルグとライデンバッハ滝 ヨーロッパ20か国旅ラストとディズニーランドパリ25周年ファイナル

2日目はリヒテンシュタインからスタートです。今回泊まったのは「ホテルレストラン クルム」という少し中心部から山のほうにいったところにあります。朝、目覚めると昨夜は見えなかった外の景色がだんだんと見えてきました、なかなかの眺めで朝7時くらいから近くの教会の鐘が15分おきに鳴っていました。

朝食会場はレストランと兼ねており遠くまで非常に眺めがよく少し曇り空でしたが気持ちの良い朝食となりました。基本的にはコールドミール中心ですが自分で切り分けるパンは6種類以上あり食べ比べをすることができます。

f:id:starandair:20181115212604j:plain f:id:starandair:20181115212611j:plainf:id:starandair:20181115212620j:plain f:id:starandair:20181115212623j:plain

その後チェックアウトしバスでファドーツというルクセンブルクの中心地へと向かいます、ここはホテルの目の前がバス停なので非常に楽ちん。今日はスイスセーバーデイパスという準備編で紹介した1日スイス丸ごと(例外あり)フリー乗車券での移動となります。昨日は夜でしたのでよくわかりせんでしたがかなり標高が高く坂を折り返しながら下っていきます。Vaduz postと呼ばれるバス停で下車するとそこは郵便局がありその周りがインフォメーションセンターがある町の中心地です。郵便局の建物の1階には無料の公衆トイレがありました。

f:id:starandair:20181115212805j:plain f:id:starandair:20181115212819j:plain

このあたりには他もレストランやショップ、郵便博物館などが並んでいる中心地でした。朝早かったためかインフォメーション以外は閉まっていたため少し近くを散策することにします。少し北のほうに歩くとブドウ畑が広がっており甘い香りが漂っていました。もとの中心地に戻りバスの発車時間までに切手博物館の開館を待つことに

f:id:starandair:20181115212858j:plain f:id:starandair:20181115212904j:plain

f:id:starandair:20181115212916j:plain f:id:starandair:20181115212923j:plain

博物館の近くをぶらぶらしていると、先ほどの郵便局の前にガラスドアの鉄の本棚が立っており地元の方が本を見たり話したりしているのに気づきました。いわゆる青空文庫的ないらなくなった本を持ち合ってというシステムでしょうか。ちらっと見させてもいましたがいろんな種類の本があって面白かったです(もちろん読めませんが)

f:id:starandair:20181115213040j:plain f:id:starandair:20181115213048j:plain

そうこうしているうちに博物館が開館したので素早く見てみることにしましたがかなり大がかりなしっかりとした展示物を10分で見るのは到底困難で、じっくり見たい内容でしたが泣く泣くバス停に行き昨日来たスイスのサルガンス駅へのバスにて次の目的地に行くことにします。このあたりから太陽が昇ったためか晴れてきてバスの先頭座席を陣取りルクセンブルクとスイスの景色を堪能することにします。

f:id:starandair:20181115213114j:plain

サルガンス駅にはcoopがあるので少し列車内で食べるものを物色、そんなに時間もないためホットのデニッシュパンみたいなのをゲット。ホームへと移動して待つ事しばしICEがやってきました。ドイツのハンブルグまで行くDB(ドイツ国鉄)の客車12両の長大編成です。基本スイス区間内は自由席なので適当に空いているところに座ります。とはいえあんまり乗客もおらず席頭上の指定席表示をみるとドイツ国内の表示が多かったです。そして1か所も停車せずに昨日降り立ったチューリッヒ中央駅に到着し乗り換えします。

f:id:starandair:20181115213138j:plain f:id:starandair:20181115213151j:plain f:id:starandair:20181115213208j:plain f:id:starandair:20181115213234j:plain f:id:starandair:20181115213247j:plain

チューリッヒからはルツェルンにて乗り換えです、スイスはファミリーカーという子供家族連れ用の車両が長距離列車には完備されていますね(1枚目)。ルツェルンーインターラーケンエクスプレスという天井まで回り込んだ窓のある観光列車に乗り込みます(自由席)。列車のお別れシーン、スイスではよく見かける光景です、改札がないので列車の近くまで入ってこれるのもあるのでしょうね。列車はそこそこ空いておりのんびりとスイスのきれいな緑の山の中を少しまた曇り空のもと進みます。そして目的地マイリンゲン(Meiringen)駅に到着です

f:id:starandair:20181115213451j:plain f:id:starandair:20181115213457j:plain

f:id:starandair:20181115213512j:plain f:id:starandair:20181115213519j:plain

 

この駅に降りたのは、そうあのシャーロックホームズの冒険でホームズが身を投じた滝「ライヘンバッハ滝」に行くためです。まだ駅に降り立っても曇り空でしたが雨は降っていませんでした。駅にはインフォメーションを兼ねた案内所が併設されているのでバックパックを預ける場所がないか聞いてみるとコインロッカーがあるとのこと。一度外に出てホーム沿いに歩いて見つけたのですが小さくて入らない(スーツケースなども無理だと思われます・硬貨のみで鍵式ではなく暗号番号式?操作盤は英語も対応)ため先ほどの駅の案内所にたくさんの荷物を置いてあるのを思い出して聞いてみると2時間なら預かる(といってもただ案内所内に置いておくだけですが)とのことで預かりをお願いし滝の最寄までバスで移動することにします。バス停は駅を出て右側に黄色いポストバスが止まっているのですぐわかると思います。164番のSchwarzwaldalp行きに乗り狭い曲がりくねった山道を進みZwirgiで降りると滝の上側に位置しており少し坂を下ると滝の入口看板が見えてきます。ここからさらに1本道で山道を下ると滝の上側に到着します。

f:id:starandair:20181115213535j:plain f:id:starandair:20181115213637j:plain

f:id:starandair:20181115213643j:plain f:id:starandair:20181115213651j:plain

いきなり滝の上に到着して水が轟音を立てて流れ落ちていくのを橋からみることになりますが、かなり高く非常に怖い印象でシャーロックホームズの最後の場所としての恐ろしさを十分に感じました、TVドラマで見たあのシーンが目の前にあるかと思うとようやくここまで来れたことで感無量でしたが、地面が濡れており山道を歩いて滝をめぐることになるためある程度山歩きに適した装備は必要かと思います。滝の下には麓からのロープウェイ駅があり簡単なシャーロックホームズ展示物がありました。もちろんこのままロープウェイに乗って麓にも降りられますがこれにはセーバーデイパスは利用できないためまた滝の上まで再度登りさらに行きに降りたバス停まで戻ってバスにて駅まで戻り荷物をピックアップすることにしました。

f:id:starandair:20181115213716j:plain f:id:starandair:20181115213718j:plain

 マイリンゲンの駅前にはシャーロックホームズの銅像があり彼はここの名誉市民であることが日本語で書かれてありました。また駅前にはシャーロックホームズ博物館があり1階は無料で簡単な展示とショップがあり地下は有料となっています(今回使用していないスイスパスなどでは無料になります)

f:id:starandair:20181115213919j:plain f:id:starandair:20181115213930j:plain

さて再び駅に戻り今日の宿のある最終目的地クライネシャイデック(Kleine Scheideg)へ向けて出発です。相変わらず曇り空でしたがまずはインターラーケンにて乗り換えで少し時間があったため駅前のコープでお買い物。駅前は土産物屋やコープの大きい店などがありかなり迷ったのですが朝しっかりと食べ過ぎていたためかあまりそれほどおなかがすいていなかったのでポップコーンを買って宿に向かうことにしました。電車にのって徐々に高度を上げていきますが相変わらずの曇り空、さらに上がれば雲を突き抜けるのではないかと思ったのですがなんと雲の中に突入したような感じのままクライネシャイデック駅に到着しました。ここは標高2061mでかなり高いですが写真の通り霧というか雲の中で晴れていたら見えるはずのアイガー・メンヒ・ユングフラウもまったく見る事ができません。ここは電車でしか来ることができない場所で駅舎の上がホテル(ロッジ)になっており19時ごろの終電車が行ってしまうとあとは朝の始発が車でだれも来ることができないという特別な場所で、標高も高いためもし晴れれば星の写真などを撮ろうかと思っていました。とりあえず1階レストランの店員にチェックインをお願いして部屋の鍵を受け取り部屋に上がります(エレベーターはなし)トイレとシャワーは共用で室内にはシンクがありますがテレビはありません、またドミトリールームもありますがこの日はどちらをあわせても5名程度の利用だったようです。周りは何もなく静寂だけですることもないのでとりあえず夜中晴れることを願って早々に寝て夜中も時々起きだして外を見ても曇り空で何も見えません・・・

f:id:starandair:20181115214029j:plain f:id:starandair:20181115214154j:plainf:id:starandair:20181115214050j:plain

f:id:starandair:20181115214121j:plain f:id:starandair:20181115214126j:plain

 

 

【スポンサーリンク】